トップロープクライミングの仕組み

特 徴
・あらかじめロープが上まで回っているもので、通常はクライマーとビレーヤーの2人一組で行います。
 クライマーが登っていくとビレーヤーがその分のロープを引っ張るので、途中で手を離してもその場でぶら下がるだけで落下しません。初心者には最適です。

自動ビレー機(ABS)ビレーサポーター(BS)もトップロープの仲間です。

登る時
・クライマーが登り始めたら、ビレーヤーがロープを手繰り、常にロープにたるみが無い状態を保つようにします。
手を離した時
・クライマーが手を離したら、ビレーヤーはロープをロックします。ロープにたるみが無ければクライマーはその場でぶら下がった状態になります。
降ろす時
・クライマーを降ろす時は、ビレーヤーがロープをコントロールして下まで下ろします。